Skip to content

おせち料理の起源や歴史とは

お正月に家族や親戚が集まって、おせち料理を食べることが日本の伝統となっています。

数日前のうちから食材を買い出しして、元旦に間に合うように手間を掛けて造ります。おめでたいとされる食材を中心にお重などに詰められます。漢字で書くと「御節料理」となり、節会や節句に利用される料理の事を指します。お正月は特に重要な節日なので正月料理とも呼ばれます。

やがて正月料理の事をおせち料理と呼ぶ事が一般化されました。発祥は奈良時代とされており、中国から伝達された文化の五節句に習い、宮中で宴を行っていたのが始まりです。やがて江戸時代に入ると、宮中の行事である五節句が庶民的にも取り入れられるようになり、現在に至ります。

おせち料理は重箱に詰められる事が定番となっています。これはおめでたいことを「重ねる」という意味合いもあります。重箱に詰めるようになったのは明治時代からとされて、定着したのは昭和に入ってからと言われます。

これはデパートが重箱におせち料理を入れて、見た目を美しくして販売した事がきっかけであるという説があります。基本的な内容はその地方によって異なりますが、祝い肴、煮しめ、酢の物、焼き物となります。

これらの料理の特徴としては多くの物が日持ちするという部分です。これは、正月にはできるだけ火を使わないようにするという風習による物です。後に正月の間に女性を家事の負担から解放させる目的や、年始に商店などが営業していないための備蓄としての要素も加わりました。

現代では中華料理や生ものなど多様なおせち料理が増え、家庭で作る事の他にも、百貨店やインターネットでの予約販売も増加しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です