Skip to content

おせちに詰められる料理には様々な意味があります

お正月にはかかせないおせち料理には地域により様々な違いがありますが、おせちの基本的なルールは日本全国で共通となっています。

重箱に詰められることが一般的であり、三段・四段・五段などがあります。ただし四段は「死」をイメージさせ縁起が良くないため、与段・与の段などと表記されることが多いようです。五段を例にとって、それぞれに詰められる料理の特徴や込められた意味などを確認してみましょう。

重ねた際におせちの一番上の段となる一の重には、祝い肴(いわいざかな)・口取りが詰められます。いずれも縁起物となっており、子孫繁栄を願う数の子や五穀豊穣を願う田作り、邪気払いの黒豆や家の安定と繁栄を願うたたきごぼうなどが入っています。

二の重は焼き物であり、やはり縁起が良いとされる海の幸が中心です。出世魚である鰤やめでたいとされる鯛、長生きの象徴である海老などが入れられることが多くなっています。三の重は煮物であり、家族が仲良く過ごせるようにという願いを込めた煮しめ料理が中心となっています。

里芋や八つ頭やくわいには子孫繁栄の意味がありますし、穴の開いたレンコンには将来の見通しがきくようにという願いが込められていいるのです。与の重(四の重)は日持ちの良い酢の物や和え物が中心になります。

五の重は神様から預かる福をためておくために空っぽにしておくことが多くなっています。また一部の地域ではそれぞれの家族の好物などを詰める場合などもあるようです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です