デジタルサイネージを活用して効果的なPRを

デジタルサイネージとは、デジタル技術を活用した広告媒体の総称です。

もっともわかりやすい例では、ディスプレイを設置して広告を表示されているものを目にすることがあると思います。
デジタルサイネージが有用である理由はいくつかあります。

まず、複数の広告掲示場所があったとしてもデータ管理できるために差替えや修正などの管理が容易であるという点です。

紙媒体の広告では表現を修正したり、新しい広告を掲示しようとする際に多くの時間が必要になる場合もあります。
電子データであれば環境にもよりますが、データを送信するだけで広告を切り替えることができます。

また、デジタルサイネージは顧客目線でも非常に良い効果が期待できます。
広告媒体として急速に広まっているものの、まだ目新しく感じる広告です。



ディスプレイ自体が光を発しており鮮やかに目に映ったり、広告に動きがあったり、毎日通る場所で広告が常に新鮮な情報を提供しているということは他の広告よりも注目を集めることができます。

広告を設置する場所によっては、その時間帯や曜日によって目にする顧客のターゲットが変わることも少なくありません。

平日であれば会社員の人が多いけれども、休日であれば家族向けの広告に切り替えることもデジタルサイネージであれば対応可能です。

通勤の時間帯とお昼の時間帯で広告の内容を切り替えることも有効な手段です。


デジタルサイネージ自体は広告のツールの一つです。



非常に有効ですが、なによりも大切なのは宣伝するものやサービス自身であることは言うまでもありません。

広告をどのように展開していきたいのかをしっかりと考えたうえで、デジタル化するのが適しているのかを考え、検討することも忘れないでください。